2010年10月08日

パズルがぁ~!

寺本です。こんばんは。皆様明日から三連休ですか?
天気が悪そうですが、良い休日をお過ごしくださいニコニコ
明日は僕は仕事があれなんで、あれですヒ・ミ・ツ


突然ですが皆様はパズルは好きですか?僕は大嫌いです。
テンヨーという、おもちゃメーカーが、自分が撮った写真から、
自分の顔が作れるパズルを発売してるようです。


その名も、「ジガゾーパズル」


印刷会社の事をを知ってる人なら


「うえ!個別対応!?どんだけコストかかるんだ!?」


っと思われるでしょう。僕も元印刷営業なので、紙代とか
印刷代とか加工代など、ザクっと計算してもすごい事になります。
それでも、このジガゾーパズル、1890円ですよ。当然大人気らしいです!


良いですか?同じ柄のパズルなのに、個別の顔のパズルが
できちゃうようで、パズル自体は微妙に色の濃淡や模様が違う
300ピースからの商品です。写メとか撮ってメールすると、
10秒ほどで、各ピースの置き方が書いた設計図が来ます。


その通りにピースを並べると、自分の顔パズルのできあがり。
写真からピースの組み合わせを見つけるプログラムを
テンヨーは独自に開発したようです。


↓百回聞くより、一回見たらわかるので、ココを参照
http://www.tenyo.co.jp/jigazo/index.html


さてそこで!先日のエントリーで僕は差別軸について書きました。


手軽軸:早い、安い、便利
商品軸:商品・サービスが良い
密着軸:個別具体的ニーズに応


サービス業とかなら、親身な応対とか「個別ニーズ」に対応してます。
がしかし!メーカーとかは大量生産するような
商品を扱ってます。仮に個別対応のため多種生産すると、
生産効率は悪くなり、在庫問題もあるし、それがために、
コストがかかって「販売価格」もあがりますよね。


強いて言えば、メニコンとかコンタクトメーカーだと、
何種類かの曲線のコンタクトレンズを作って、一番曲線が
近い物を客に売ったり、自動車メーカーだと、
エアロパーツとかカスタムパーツを選ぶなどがあります。


でもこれ、個別というより選択肢が多いだけですよね。
しかしジガゾーパズルは限りなく「個別対応」です。
だって自分の顔ですよ~オドロキ

パズルという製品自体は大量生産品なのに、写真データから
パズルの設計図を割り出すプログラムが個別対応を可能にしています。
だから1890円という低価格で個別対応ができちゃったんですね。


IT革命ってやつですかね~すごいですね。パズルを作るのは、
他のメーカーでも真似が出来るんでしょうが、写真から設計図を
作るプログラムは、簡単に真似できません。実に素晴らしい!!


作る商品は同じでも、使い方が個別化してるので、密着軸の対応が
可能なんですが、皆様の会社でもそんなアイデアがあるかもです。
印刷会社さん、オンデマンドがなくても従来のオフセット機で
個別印刷ができるかもですよしょんぼり


僕なら、女の子の情報をインプットするだけで、
最適な口説き方が返答されるプログラムが欲しいですね。
誰か実現してください!!ハート

  

Posted by 感動会社楽通 at 19:24Comments(0)楽通営業日記