2008年11月21日

これからの印刷会社の進む道

最近、印刷会社の業界がすごく悪くて関係者が口を開ければ
「こんなに悪かったこと今までないよ」
と嘆きの声ばかり聞きます。確かに…どの業種も今調子が良くて
印刷物が増えている業種がなくて、発注が合っても今までより
ロットが少なかったり、同じ量もらっても価格が下がっていたり
といい要素がないのが現状です。

僕も印刷物の仕事は多いので同じ環境にはいるのですが、いろんな
お客様と話させて頂くと印刷物、特に販促物ツールなどの売上に
直結しているものは、やっぱりやっていかないといけないとお考えの
お客様は圧倒的に多いです。でも今までと同じものでは反応がないし
売上UPには正直つながってなく、新しい提案や企画を求めておられたり、
今話題のクロスメディア集客方法などもっと知りたい
と思われている経営者さんや担当者さんがほとんどではないでしょうか?
これからの印刷会社の営業はそこに着目し、いかにお客様にあった
販促方法やツールを作れば反応率が上がるか考え、お客様の目線で
ご提案するしか生き残る道はないと思います。そうせずに相変わらずお客様の
顔色を伺いながら価格を下げる提案しかしなかったら、結局は自分で自分の首を
絞めているだけです。自社で出来ないことでもいいんです。出来ないことは周り
にいるパートナーにまかさればいいんです。

今、何が求められていて何が最優先か本当に考えていかないと
この業界の存在価値がなくなってしまいます。原点は…
お客様の為、お客様に役立つ為に何が出来るかではないでしょうか。

喜んでもらったり

相談されたり

ラジバンダリ!!



そういう関係作り、目指しましょう!!

今日の楽通あるある

朝一事務所に来てすることは従業員のシマリス
「しまちゃん」にひまわりを与えることです。
(いいかげんなついてチョーダイ!)



  

Posted by 感動会社楽通 at 17:25すべてはお客様のために

2008年11月21日

やっちまいました

今日は…


(やっちまったなー!!)な事がありました。

あるお客様の冊子を注文頂いて印刷を依頼されていたのですが、

もう印刷も終わって製本しているところで…

間違っているのでどうしましょうという

お電話を頂きました。

でも印刷は終わっているし、納期もないので結局そのままお客様の所に

納品しに行きました。仕事的にはこちらのミスではなかったのですが

せっかくいい印刷物が出来たのに台無しだとすこしショック

受けていたのですが結局、間違っている部分にマジックで修正をするという

荒技をすることになりました。多分今までで初めての試みです。少しですが

一緒にお手伝いをしました。

印刷物はこういった事態にどうしてもなる事があります。

仕方がないこととは言え、なんとか防ぐ事が出来なかったのか…

自問自答する毎日です。



今日から楽通あるあるを書いていきます。

<本日のあるある>

お客様と1時間話していて

「ところで…今日は何しにきたの?」

と帰り際に言われた…  

Posted by 感動会社楽通 at 00:22楽通営業日記